屋上緑化でヒートアイランドを抑制

ヒートアイランド現象とは、都市部の気温が都市部周辺の郊外部に比べ、高温になっている現象を指します。高温になることによって、熱中症患者が増加したり、感染症を媒介する生物が越冬したりするなどの問題が出てきています。都市化が進めば進むほどヒートアイランド現象も進行し、高温の時間が長くなったり、高温の期間が長くなったりしています。ヒートアイランド現象は、街のいたるところでアスファルトやコンクリートが使用されているために輻射熱が発生することや、自動車の排気ガス、エアコンの使用が集中していることが原因になっています。ヒートアイランド現象を食い止めるひとつの手段として注目を浴びているものに「屋上緑化」があります。 屋上緑化とは、ビルなどの建築物の屋根や屋上、外壁を緑化することを指します。緑には蒸散作用などの気温の上昇を抑える効果があります。また、大気汚染の浄化や雨水の流出を抑制することにも効果があるし、都会にクラス人たちの癒しの場にもなります。全国の自治体も普及に力を注いでいるため、自治体によっては税金を軽減しているところもあります。 このように人々に憩いの場を提供し、ヒートアイランド現象を緩和させるなど環境にもやさしい屋上緑化はこれからも注目される環境対策です。

>お勧めのページ

 

屋上緑化で光熱費の節約に

屋上緑化というのは、屋上に緑のプラントなどを植えこむことによって建物の見た目をよくし、さらに直射日光を避けることでビルの表面温度を下げるものです。ビルの表面温度が下がると、もちろんビル内部の温度も下がっていきます。データでは数度、部屋の温度が低く維持できるとされています。 これによって、オフィスビルなどでも光熱費の削減が可能となるのです。経費を出来るだけ抑えたいという企業にはとても素晴らしいシステムだと言えます。環境にも優しく、二酸化炭素の排出を抑えることができ、さらにはヒートアイランド現象を抑制することができるので大注目されているものです。 政府も最近は、都市部においてこの屋上緑化を推進していこうとしています。いいことずくめなので、毎年続々とやってみようという企業が増えてきています。将来的には、多くのビルが屋上だけではなくて、壁面も緑化するようになると予想されています。 ヒートアイランド現象が少なくなれば、街全体で光熱費が節約でき、仕事をする人も活発に動けるようになります。日本人の夏の過ごし方が大きく変わる可能性を秘めたシステムだと言えます。緑化に使う植物は放っておいても勝手に成長していくので、手間もかかりません。